結婚式のお呼ばれに必要なアイテムとは
何を持っていけばいいのか悩んでいる方に読んでほしい
必需品はもちろん持っていると便利なアイテムまでご紹介
Little Mistress
Little Mistress
Little Mistress
Chi Chi London
Chi Chi London
Chi Chi London

CLASSY AND FABULOUS

Dress Shop

▶▶ スマートフォン版に切り替える ◀◀
classy and fabulous記事

【結婚式にお呼ばれ♪ゲストに必要な持ち物・便利なアイテムとは?】

結婚式のお呼ばれゲストが時間をかけずに持ち物を準備するためのコツ
トラブルやハプニングを未然に防ぐため、持っていくべき持ち物・アイテムが知りたい人必見◎

更新日▶

結婚式にお呼ばれゲストに必要な持ち物とは

のちにステキな思い出として振り返ることができる結婚式は、意外に知られていなかった必要な持ち物がいくつかあります。
必要なアイテムを忘れてしまうと、何らかのハプニングに見舞われてしまうこともあるため、ここでは結婚式までの準備を万全に整えゲストに必要な持ち物と、持っていると便利なアイテムの両方を把握していきましょう。

【目次】

1.結婚式のゲストに必要な持ち物とは?

結婚式に出席した経験があっても、意外に準備を忘れてしまうことが多い数々の持ち物。
ここでは、結婚式のゲストの基本的な持ち物をピックアップし知っておきたい必要性・目的についてもご紹介していきます。

ゲストに必要な持ち物

(1)ご祝儀

結婚式にお呼ばれされたゲストに必要な基本的な持ち物、ひとつめはご祝儀。

新郎と新婦にお祝いの気持ちを込めて用意するご祝儀は、新札を包むことがセオリー・マナーとなっています。
そのため、結婚式の前日までには、銀行に行って新札を用意しておくことがおすすめです◎
ご祝儀は、むき出しの状態でそのままバッグに入れるのではなく、袱紗というアイテムに包んで会場に持っていくことが基本的なマナー。

気になるご祝儀の予算は、ゲストが学生の場合は2万円、社会人であれば3万円を包むのが一般的となっています。
ご祝儀の金額は、結婚式にかかる引き出物やお料理のコストを考えると、1万円程度では新郎新婦が赤字になってしまうこともあるため、最低でも2万円以上包むことを忘れずに覚えておきましょう。

結婚式のご祝儀はいくら包む

(2)コンパクトサイズのお財布

結婚式のゲストが持つバッグはコンパクトなサイズのものが多いため、お財布もバッグに合わせた小ぶりなデザインのものがおすすめです。
大きめの長財布の場合は結婚式に使うパーティ用のバッグに入らないことが多いため、小さめサイズのお財布をあらかじめ準備しておくと当日になって「パーティバッグに入らない…。」といったハプニングに見舞われてしまう心配がなくなります。

結婚式にお呼ばれされたゲストの方が二次会などに参加される場合は、会場費の支払いや移動にもコストがかかるため意外にお金を使うシーンが多いもの。
このようなシーンをあらかじめ想定しながら、結婚式の当日はいつもよりも余裕を持って多めにお金を用意しておきましょう。

(3)招待状

結婚式前に送られてきた招待状には、会場までのアクセスや開始の時間やプログラムなど把握しておきたい情報がすべて記載されています。
特に遠方の結婚式の場合のゲストは、招待状があることで遅刻などのトラブルなく、スムーズに会場入りできるメリットがあります。

(4)フォーマル専用のハンカチ

一般的なハンカチとは違い、フォーマルにシーンに使うハンカチは上品で素材などがやわらかい特徴があります。
結婚式に出席すると、感動的なシーンに思わず涙してしまうことが多いので、光沢があるやわらかな素材のフォーマル専用ハンカチを用意しておくと、涙を拭いたり食事の際に口もとを拭うなどの何気ない仕草が結婚式にマッチした優雅な振る舞いに変わります。

また、フォーマル専用のハンカチは、袱紗の代わりにご祝儀を包むアイテムとしても活用されています。

(5)スマートフォン

わたしたちのマストアイテムであることが多いスマートフォン。
結婚式に行く際には、会場入りしたらすぐにスマートフォンの音が出ないよう、マナーモードにしておくことが大人のマナー・ルールとなっています。
結婚式では、感動するシーン、笑いがあふれるシーンなどたくさんの印象的な場面を楽しむことができるのでスマートフォンのカメラを活用して写真をたくさん撮っておきましょう。

(6)替えのストッキング

結婚式では、立ったり座ったり、ときに小走りになるなど、カラダをこまめに動かすシーンが多くあります。
着用するシーンが少ないようなファッションに身を包むことが多いため、素材が脆いストッキングが伝線してしまうハプニングも心配しておかなければなりません。
予備のストッキングを持っていないと、会場を抜け出してコンビニに買いに走るハプニングに見舞われてしまうため、せっかくの結婚式を最初から最後まで楽しめるよう、予備のストッキングは忘れずに持っておきましょう。

(7)メイクアップアイテム

フォーマル専用のパーティーバッグは、メイクポーチを入れる余裕がないことも多いですよね。
食事や感動的なシーンで涙を流すとアイメイクとリップメイクが落ちやすくなってしまうので、口紅やアイラインなど必要最低限のメイク道具を準備しておきましょう。

2.結婚式のゲストが持っていると便利なアイテムとは?

ゲスト持っておきたいアイテム

結婚式のお呼ばれゲストには意外にもたくさんの持ち物が必要になり、今までには気付くことができなかった情報を把握できたのではないでしょうか?
ここからは結婚式をより楽しみ、まわりの人と感動の気持ちを共有するため、お呼ばれゲストが持っていると便利なアイテムをずらりと集めてご紹介します。

(1)スマートフォンの充電器

結婚式は、ひとつひとつの演出が印象深いのでスマートフォンで写真や動画を撮るシーンが多く、それだけにあっという間に充電がなくなってしまうこともあります。
スマートフォンの充電器を結婚式に持っていくと、充電がなくなってしまうことによる不安や焦りの気持ちを抱くことなく、ココロからこのイベントを満喫することができます。

(2)フォーマルシーンにマッチしたサブバッグ

特に女性は荷物が多くなってしまうことがあるため、パーティ用のバッグと合わせ便利なアイテムをたくさん入れていくことができる、フォーマルシーンにマッチしたサブバッグもとても役立つアイテムになっています。

フォーマルのシーンにマッチしたサブバッグを持っていくと自分にとって必要なアイテムをすべて持ち込むことができ、会場ではクロークにてお預かりしてもらえるシステムがあるため、気持ち的にも余裕が生まれます。
結婚式のお呼ばれゲストにマッチしたサブバッグは、お祝いの場にふさわしいサテンやシルクなど、光沢のある素材のものをチョイスすると華やかなシーンに違和感なく溶け込ませることができたり、結婚式以外の冠婚葬祭用の行事などにも役立ちます。

(3)胃薬・頭痛薬など

結婚式はいつもよりも気持ち華やぐことで、美味しい食事とアルコールの摂取量が増えてしまうことも。
食べすぎ・飲みすぎによって、ときに胃もたれや頭痛などのトラブルに見舞われてしまう可能性も考慮し、胃薬や頭痛薬などの常備薬も携帯しておくと美味しい食事とアルコールを心から楽しみ、味わうことができます。

(4)絆創膏

結婚式のお呼ばれゲストは、普段は履かないようなヒールの高いパンプス・サンダルなどを履いて出席します。
結婚式のファッションにマッチしたヒールの高い靴は、履きなれていないこともあってときに靴ヅレなどのトラブルが心配…。
万が一足の痛みを感じても、絆創膏を持っていると気持ち的にも楽ですので、お肌に馴染みナチュラルなカラーの小さめの絆創膏を準備しておきましょう。

結婚式のゲストが持っていると便利なアイテム

結婚式のお呼ばれゲストに必要な持ち物、あると便利なアイテム、しっかりと把握できましたか?
新郎新婦を祝福する気持ちも忘れず、当日のハプニングを回避できるよう、必要な持ち物とあると便利なアイテムは早い内から準備・用意しておくを心がけておきましょうね。