20代におすすめの結婚式・二次会のドレスとは
知っておきたいマナーや小物・ヘアスタイルもご紹介
20代だからこそ似合うドレス選び
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス

CLASSY AND FABULOUS

Dress Shop

▶▶ スマートフォン版に切り替える ◀◀
classy and fabulous記事

【20代編】結婚式・二次会の服装

20代女性におすすめの結婚式のお呼ばれコーデ
体系カバーのコツやカラーの選び方まで詳しく知れる

更新日▶

20代女性におすすめのドレス選びとは

20歳を過ぎると、友人や同僚の結婚式や二次会に招かれる機会がどんどん増えていきます。
招待状が届いた後、頭を悩ますのが服装ではないでしょうか?
普通のパーティーとは違い、結婚式や二次会は「ただオシャレすればいい」というわけにはいきません。
結婚式や二次会には守るべきマナーやルールがあり、それを外してしまうと周囲の方から白い目で見られてしまうことも…。
この記事では、20代女性が結婚式や二次会に招かれた時の服装マナーや、オシャレに見えるコツなどをご紹介します。

【目次】

1.知っておきたい結婚式・披露宴の服装マナー

20代女性が披露宴にゲストとして出席する時は、パーティーに華を添える気持ちで「華やかさ」を大切にしたドレス選びをするのがポイントです。
年齢が上がると、華やかさよりも上品さや落ち着きのある服装を求められます。20代だからこその着こなしを楽しんでみましょう。
とはいえ、挙式・披露宴はフォーマルな場ですから、守らなくてはいけないマナーもあります。
最低限のルールを押さえて、マナーを守ったオシャレを楽しみましょう。

【肌はどこまで見せていいの?スカート丈は?】

■露出は控えめに

結婚式の露出はどこまでOK?

昼間のフォーマルな場では、肩やデコルテ、背中の露出は控えめにするのがマナー。

最もおすすめなのは袖ありのドレス

袖ありのドレスを選ぶと露出を抑える他、レストランや女子会など結婚式以外にも様々な場面で活躍します。
レースやシフォン素材の袖ありドレスなら季節を問わず通年使えるのでとても便利です。

露出コントロールにも冷房除けにも!可愛い羽織物は使える

ドレス売り場を見てみると、ベアトップやキャミソール型などのドレスが多くてどれを選べばいいのかわからない、なんてことも。
そんな時に便利なのが可愛い羽織物です。

フリルやレースを使った可愛い羽織物を一枚持っておけば、ドレスに組み合わせて露出を抑えるのに使えます。
ドレスとは違い、小物は白でも大丈夫です。
明るいカラードレスの方は黒の羽織物を選ぶと、違う色のドレスと組み合わせることも出来ます。

■ミニ丈はNG!スカート丈は膝丈が目安

結婚式や二次会のスカート丈のマナー

キュートで可愛いミニドレス。
ミニ丈のスカートは20代女性だからこそ楽しめるファッションのひとつですが、挙式・披露宴用にはマナー違反ということをご存知ですか?
フォーマルな場である挙式・披露宴では、ひざが隠れるスカートの長さが目安となります。
膝よりも短い丈のドレスはやめておきましょう。

挙式・披露宴ではNGですが、ダイニングバーや居酒屋などカジュアルな場で行う二次会であればミニドレスでもOKです。
お気に入りのミニドレスがある方は、二次会用にしてみてはいかがでしょうか。

【20代女性におすすめのドレスの色とは】

■華やかカラーのドレスがおすすめ

ドレス選びは色も重要なポイント。NGカラーやおすすめのカラーをご紹介します。

ゲストドレスのNGカラーとは

絶対NGな白!

絶対に×なのが白。
白はウェディングドレスや白無垢からわかるように、結婚式では花嫁の色です。
どんなに可愛くても白のドレスだけはやめておきましょう。

なるべく避けたい黒!

黒ドレスは持っている方も多く、結婚式・披露宴で着ている姿もよく見られます。
しかし定番なだけに、似たり寄ったりに見えてしまうことも…。
20代ならではの若々しさを強調したいなら、黒以外の華やかな色のドレスを選びましょう。

結婚式や二次会におすすめのドレスの色

自分をどう見せたいかがポイント

可愛さを出すならピンク、爽やかな雰囲気にしたいならブルーがおすすめのカラー。
他の方とかぶるのがイヤという方はイエローもおすすめ。明るく元気な雰囲気に仕上がります。
ただし淡い色合いのドレスは明るい照明が当たったり、写真を撮影した時に白に見えてしまうこともあります。
ある程度はっきりとした色を選ぶのが正解です。

あまり可愛らしすぎるのは苦手…という方にはネイビーやグリーンが◎。
深みのある色合いで、上品に決まります。
年齢より落ち着いて見えるので、大人っぽく見せたい方におすすめ。

2.体型別ドレス選びのコツ

【体系カバーに最も重要なのはシルエット】

ドレスは着たいけれど、体型が気になる…という方は、体型カバーができるドレスを選びましょう。

とはいえ、コンプレックスをカバーする為にふわっとしたシルエットを選ぶのは間違いです

体系が気になる方の多くはカラーにこだわりませんか?
膨張するカラーを避けたり、ブラックやネイビーなど暗いカラーで引き締まって見えるように...など。
カラーに気を取られシルエット選びでほとんどの方が失敗しています。

スタイルアップさせるために最も重要なシルエット。
ぽっちゃりなのが気になる方が全体を覆い隠すようなシルエットを選ぶのは逆効果。
気になるポイント一つだけを意識することでぐっとスタイルを良く見せることができます。

【小顔に見せたいならVネック】

体系別ドレス選び小顔に見せるドレス

小顔に見せたい!と思う女性は多いもの。そんな方におすすめなのがVネックやUネックのデザインです。

小顔に見せるには、なるべく顔の存在感を小さくするのがポイントです。
デコルテを見せて全体の肌の面積を増やすことで、顔の存在感を小さくすることができます。

特に顔を小さく、すっきり見せてくれるのがVネック。

普段の着こなしでもVネックは小顔効果が抜群なデザインとして使っている方も多いのではないでしょうか?
ドレスもVネックのものを選ぶことで、小顔効果を狙うことができます。
Vネックだとシャープになりすぎるという方は、Uネックを選ぶと優しい雰囲気で小顔効果が出せます。

オフショルダーも小顔効果が高い

オフショルダーのドレスの場合、なるべく袖が長いものを選ぶと露出も抑えられて上品に仕上がります。

【くびれを作るにはウエストマークデザイン】

体系別ドレス選びくびれを作るドレスがおすすめ

ウエストのくびれがない、寸胴だ…と悩んでいる方は、ドレスのデザインでくびれがあるように見せてしまいましょう。
ウエストを強調するデザインのドレスを選ぶことで、くびれが「ある」ように見せるのです。
ウエスト部分にリボンやベルトなどのデザインがあり、そこからスカートが広がるようなデザインなら、くびれが強調されて見えます。

タックデザインやギャザーもおすすめ

ウエストにタックやギャザーのデザインが入っているドレスはウエストをナチュラルに絞って見せます。
マーメイドラインなど全体にタイトなドレスは、くびれを演出できないため避けた方がよいでしょう。

【美脚効果を狙うならハイウエスト】

体系別ドレス選びハイウエストのドレスで美脚効果アップ

すらっとしたキレイな脚は女性の憧れです。
もう少し長かったらな…とため息をついている方は、ぜひハイウェストのドレスを選んでみてください。

ウエストを本当の位置より高く見せることで、ぐっと脚が長く見えます。
ドレス丈はマナーを守ったひざ丈にすることで、より脚が長く見えるのもうれしいポイントです。

スカート裾にフリルがついたデザインなら細く見える

スカート裾にフリルがついてふんわり広がっているデザインなら脚を細く、長く見せてくれます。
ウエストとスカートとの周囲の差が大きいほど脚を美しく魅せるのでおすすめ。

【胸元のボリュームをアップするにはフリルを】

体系別ドレス選び貧乳が気になる人にはフリルのついたドレスがおすすめ

夜のフォーマルにおすすめなオープンショルダーのフリルドレス

ドレスはバストラインが強調されるデザインも多く、胸が小さい方の悩みの種になってしまうことも。
そんな時は胸元にフリルやリボンなどのボリュームがあるデザインのものを選びましょう。
デザインのボリューム感で胸元の寂しさがなくなり、バランスよく仕上がります。

顔周りに華やかで可愛いデザインのものを選ぶことで、写真を撮った時も映えますし、20代の女性らしく可愛く仕上がるのもうれしいポイント。
上半身がシンプルなデザインのドレスは胸元の寂しさがよりアップしてしまうので避けましょう。

3.ヘアスタイル&小物のポイント

自分に似合うドレスを選んだら、最後はヘアスタイルや小物も揃えて完璧に仕上げましょう!

■ヘアスタイルはアップがフォーマルスタイルの基本

結婚式や二次会のヘアはアップヘアが基本

キレイなロングヘアをなびかせたヘアスタイルは素敵ですが、結婚式のマナーとしてはNGです。
髪はアップスタイルにするのがフォーマルとしてのマナーということを覚えておきましょう。
美容院できちんとアップにしてもらうのが一番ですが、ヘアアレンジが得意な方は自分でやっても◎。

髪の上半分だけをまとめたハーフアップもOKですが、すべてまとめたアップスタイルの方がよりフォーマル度が高くおすすめです。
ショートカットの方は、ブローしたりヘアワックスで整えてきちんとした感じにしあげましょう。

20代の女性なら、タイトにきっちりまとめてしまうのではなく、ふんわりと可愛い感じに仕上げるのがおすすめです。

高い位置のお団子アップスタイルも若い女性だからこそ似合うヘアアレンジですから、一度挑戦してみるのもいかがでしょうか。

■バッグは小さめのパーティーバッグを

結婚式には小さめのパーティーバッグがおすすめ

どんなにオシャレでも、高いブランドでも、大きな普段使いのバッグは結婚式にふさわしくありません。
小さめのパーティーバッグを用意しましょう。

バッグは小さめでも、ファー、ヘビ革、ワニ革、アニマル柄など「殺生」をイメージさせるものは×!
ビニールや綿素材もカジュアルすぎてふさわしくありません。
レースやサテン素材などのものを選びましょう。

注意したいのがグリッターやラメ、ビジューが敷き詰められたもの。
キラキラ輝く素材は「夜」のフォーマルにはOKですが、「昼」はNGというのが正式なマナーです。
昼間に行う結婚式の場合は、輝きが強すぎるバッグは避けた方が無難です。

キラキラのパーティーバッグは夜に

ナイトウェディングや、夜の二次会に持つのはもちろん◎!
コーディネートのポイントに使ってみてください。

靴は足先を覆ったパンプス!ストッキングもお忘れなく

結婚式には足先が見えないパンプスを選ぶ

足元はつま先が隠れるパンプスで、ヒールが3儖幣紊△襪發里フォーマルにはふさわしいとされています。
かかとのないミュールやブーツはカジュアルですから結婚式には避けましょう。

素足はもちろんマナー違反!夏でもストッキングを履きましょう。
黒のタイツもカジュアルですから避けましょう。

さいごに

以上、20代の結婚式や二次会の服装についてまとめました。
いつもと違うオシャレが楽しめるのも結婚式や二次会の醍醐味です。
お祝いの気持ちを送る意味も込めて、華やかなドレスにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。
マナーを守りつつ地味にならない服装は品のある女性に見せてくれますよ。