30代におすすめの結婚式・二次会のドレスとは
年代に合わせたカラー選びやNGコーデ・大人なら知っておきたいマナーをご紹介
30代からのお呼ばれは他人と被らないエレガントなファッションが必要。
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス

CLASSY AND FABULOUS

ONLINE SHOP

▶▶ スマートフォン版に切り替える ◀◀
classy and fabulous記事

【30代編】結婚式・二次会の服装

ワンランク上に見える!エレガントなドレスの選び方
30代女性に知ってほしいドレス選びのポイント

更新日▶

30代女性におすすめのワンランク上のドレスの選び方

出典:Little Mistress

人生の大きなお祝い事である結婚式。
招待状が届いた後、おめでたい気持ちになりつつも、頭を悩ますのは「何を着ていけば良いのか」。
おしゃれに見えるのはもちろんですが、結婚式ならではの守らなくてはならないマナーがあり、いつもより服選びが難しくなります。

特に友人の結婚式がひと段落してしまった30代女性にとって、久しぶりの結婚式は何を着ていいのかわからなくなってしまうこともあるのです。
そこでこの記事では、30代女性が結婚式や二次会に招かれた時、マナーを守りながらエレガントで素敵に見える、ワンランク上のドレス選びのコツをご紹介します。

【目次】

1.30代女性のドレス選びのポイント

■30代女性のドレス選びは「甘さ」と「辛さ」のバランスがポイント

お祝い事である結婚式では、華やかさを出すことが大切。
華やかさを出せるポイントと言うと、リボンやフリル、フラワーモチーフなど可愛らしいデザインが思い浮かびます。
しかしそれらの「甘い」ディティールを盛り込みすぎるのは×。
フリフリ、ひらひら、ピンクと盛り込みすぎると、30代の女性には少し子どもっぽく見えてしまうのです。

大人の女性らしく素敵に見せるには、甘さと辛さを程よく組み合わせることが大切。
例えば、リボンやフラワーモチーフなど甘く可愛いデザインのドレスならネイビーなど落ち着いた色を、イエローや明るいブルーなど甘めの色を選ぶならシンプルで落ち着いたデザインのものを選ぶのがおすすめです。
色とデザイン、どちらかを落ち着いたものにすることで、大人にふさわしい可愛さを出せます。

【20代の頃に買ったドレスを着ても大丈夫?】

20代の頃と同じドレスでもOK?

デザインによっては買い替えるのが無難

ドレスはあまり着る機会がないし、わざわざ新調するのは面倒…。
20代の頃に買ったドレスを着たいという方、多いのではないでしょうか?
パーティードレスは流行に大きく左右されないものが多いため、シンプルなデザインのドレスであればもちろん着られます。

しかし、20代と30代で大きく変わっているのは自分自身。
見た目やスタイルはもちろん、女性にとって20代から30代にかけてのこの数年では雰囲気が大きく変わるのです。
20代には20代の良さを引き立て、30代には魅力を引き出すドレスを選ばなくてはなりません。
20代の時に買ったドレスの丈感・袖の有無・カラー・装飾がご自身の”今”に本当に合っているのか判断し選ぶことが重要です。

【露出のコントロールとカラー選びで上品に】

30代のドレスは露出のコントロールと自分に合ったカラー選びが重要

■肌の露出は控えめが◎!ただしロングドレスは老けて見える

上品に見せるには、肌の露出をコントロールするのが大切です。
特にスカートの丈が短すぎるのはNG!膝が隠れるくらいのものを選びましょう。
肌の露出を押さえて大人っぽく…と思いすぎて、ロングドレスを選んでしまう方がいますが、それはおすすめできません。
ロングドレスは上品ですが、ぐっと老けて見えてしまうため、ひざ丈からひざ下丈がベストです。

上半身はキャミソールやベアトップ型ではなく、ノースリーブやフレンチスリーブを選ぶのがおすすめです。
肩が隠れているドレスを選べば、羽織物がなくてもOKです。

■上品と地味は違う!自分に似合う色を探そう

上品にしようと思いすぎて、無難な黒でまとめてしまうのも間違いです。上品と地味は違います。
入学式やフォーマルシーンに使い勝手の効く黒は、30代女性にはより被りやすく、個性のないコーディネートになりがち。
もしも黒のドレスを選ぶなら、差し色になる小物やデザインで華やかさを出し、お葬式とは違う雰囲気に仕上げます。

他の方とは一味ちがう、ワンランク上のドレスアップを目指すなら、黒以外の色を選びましょう。
大人の上品さを出しながら、華やかにも見えるおすすめのカラーはネイビーやブルー、グリーン系のドレスです。
大人の女性にふさわしい上品さがありながら、黒ドレスよりも華やかに見えます。
イエローやオレンジのドレスはより明るく、華やかに見えます。実際にドレスを当ててみて、自分に似合う色を選んでください。

【大人なら知っておきたい昼と夜のマナーの違い】

昼と夜で違う結婚式の装い

昼と夜のマナーの違いも頭に入れて完璧に!

大人の女性として結婚式マナーを守るなら、昼と夜のフォーマルの違いも頭に入れておきたいもの。
実は昼間に行われる結婚式とナイトウェディングではドレスアップする時のマナーが違うのです。

例えば肌の露出です。昼のフォーマルでは肩や背中は隠すのがマナーとなっていますが、夜は逆に肩も背中も出す方が正式なフォーマルスタイルです。
またキラキラのビジューは昼ではマナー違反となりますが、夜はOKとなります。
キラキラとゴージャスなアクセサリーや小物は夜につけましょう。

結婚式の開始時間に合わせて装いを変えることができれば、より洗練されたコーディネートに仕上がるのです。

2.体型の悩みをカバーするデザインとは

ドレスは普段の服装より、肌の露出や身体のラインがわかりやすい分、体型の悩みが目立ってしまうこともあります。
気になる体型の悩みはドレスのデザインで上手にカバーしていきましょう!

【二の腕は袖のデザインで上手にカバー】

二の腕をカバーするオシャレなドレス

ぷるぷると揺れる二の腕が気になる女性は多いものです。
そんな二の腕を上手に隠すなら、袖があるドレスを選ぶのが◎。
ふんわりとしたケープのような袖がついたものや、肘までの袖がついたドレスなら上手に二の腕をカバーしてくれます。

30代女性におすすめのポイントはピッタリとした袖のドレスよりも、ふわっと広がる袖がついたドレスを選ぶこと。

ふわっとした袖は細見えし、歩くたびに揺れる袖がエレガントな印象を与えてくれます。

ただし、パフスリーブやフレンチスリーブなど短めの袖は二の腕を強調してしまいます。
できれば半袖以上の袖ありドレスを選びましょう。
夏など袖があると暑く見えそうな時は、ノースリーブのドレスにショールを羽織っても◎です。

【ぽっこりお腹は胸の下で切り替えのドレスで隠す】

ぽっこりお腹は切り替えドレスでカバーする

最近お腹が以前よりも出てきた、と気にしていると、つい全体のシルエットをメリハリのないコクーンシルエットなどのドレスを選びがちです。
しかし全体をふんわりさせてしまうと、実際よりもぽっちゃり太って見せてしまいます。

お腹が気になる方におすすめなのは胸の下で切り替えが入ったエンパイアシルエット。
お腹より上でシルエットを締めることで、メリハリを効かせてスタイル良く見せることができますし、お腹周りはゆったりとしているので気になりません。妊娠中のお腹カバーにもピッタリのドレスです。

ウエスト部分にペプラムラインがあるドレスもぽっこりお腹カバーに役立ちます。
ペプラムラインの装飾がウエストのくびれを強調しつつ、お腹を上手に隠します。

3.小物やヘアスタイルでより素敵に見せる

30代のドレス選びは小物にまでこだわることでより素敵に見えます。
小物やヘアスタイルのポイントを押さえておきましょう。

【差し色でこなれ感をアップ】

差し色の小物でこなれ感を

上品さを出すために、落ち着いたカラーやデザインを選ぶことがあります。
暗めの色、シンプルなデザインのドレスは素敵ですが、華やかさに欠けてしまうことも。

そんな時はバッグや靴に鮮やかな色のものを選んで、華やかさを出しましょう。
ドレスには選びにくい赤やピンクなどの色も、小物なら身に着けやすくなります。シルバーやゴールドなどの存在感のあるカラーもおすすめ。
昼なら装飾はパールなどの輝きが強すぎないものを選び、夜ならキラキラのバッグが映えます。

バッグは小さめのサテン素材など、パーティー用の小ぶりなものを選ぶのがマナーです。
荷物が入らない場合、紙袋ではなくフォーマル用のサブバッグを使いましょう。
靴はつま先が隠れるパンプスで、ヒールが5儖幣紊里發里鯀びます。
ヘビ柄やクロコダイル柄、ハラコ素材のものは殺生を連想させるため結婚式にはNGです。

コーディネートは小物のカラーを統一することで簡単におしゃれ見え

ドレスのコーディネートがわからないという方は、バッグとヒールの色を揃えましょう。
バッグとヒールを同一色にすることでコーディネートがまとまり全体的にすっきりした印象になります。
暗い色のドレスには明るいカラーを。明るい色のドレスには暗めのカラーの小物を入れる事で簡単に上級者コーデが完成します。

カラー使いは2・3色がおすすめ

ドレス・バッグ・ヒール・アクセサリー・羽織りなど身に着けるものをひっくるめて2・3色で仕上げるのが綺麗に見えるポイントです。
美しいドレスやアクセサリーも全体にカラーを使いすぎるとまとまりがなくなり、安っぽく見えてしまうことも。
オシャレに見せるなら、カラーを駆使しすぎないことが重要です。

【アップヘアはその位置がポイント】

30代女性のお呼ばれにおすすめのヘアスタイル

フォーマルな場でのヘアスタイルは、アップにするのが正式です。
披露宴でお食事をする時など、長い髪をかき上げているのはマナー違反。髪の長い方はアップにしてまとめておくとよいでしょう。

アップヘアといっても盛りすぎヘアはNG。上品さやきちんと感を心がけると素敵にまとまります。
アップにした髪はあまり高くし過ぎず、少し下の位置でまとめるのが上品に見えるためおすすめです。

ショートカットの方はブローやワックスできちんとヘアセットしておけばOKです。
ぺたんとボリュームがないヘアは老けて見えるので、根元を立ち上げてふんわりさせておきましょう。

ナチュラルカラーのストッキングがマナー!美脚効果をプラスできるものも

フォーマルな場ですから生足はもちろんNGですが、黒ストッキングやタイツも×。
ナチュラルカラーのストッキングを履きましょう。マナーとしてだけでなく、脚の色むらや黒ずみ、傷跡なども隠してくれる効果もあります。
脚のラインが気になる方は着圧効果のあるものを選ぶと引き締まって見えます。

さいごに

30代女性が結婚式や二次会に出る時の服装についてご紹介しました。
20代の時とはまた違う、自分に似合うオシャレは年齢を重ねたからこその楽しみです。
今の自分を一番キレイに見せてくれる、素敵なドレスを見つけてくださいね。