2023SSアイテム先行販売
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
2023SSアイテム先行販売
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS

CLASSY AND FABULOUS

ONLINE STORE

Category

CLASSY
& FABULOUS . . . Your Favorite Dress
By Classy and fabulous Japan

【結婚式・披露宴の女性ゲストの服装マナー&人気のお呼ばれドレスランキング】

結婚式で女性ゲストが気をつけるべき基本の服装マナー&最近の結婚式の服装マナー事情
実際に選ばれている!結婚式に人気のお呼ばれドレスランキングもご紹介!

結婚式・披露宴の女性ゲストの服装マナー&人気のお呼ばれドレスをご紹介

結婚式にお呼ばれしたら「何を着て行けば良いか」と頭を悩ませる人も多いはず。 結婚式にはお呼ばれする側にも守るべきゲストのマナーがあります。 特に服装は目につきやすいためきちんとしておきたいところ。

ただし、最近の結婚式は昔ほど服装マナーにうるさくないといった声も。 マナーを気にしすぎてオシャレできないのも考えどころ‥。 実際のところ、どこまでカジュアルでOKで、どんなところに気を付ければ良いのでしょうか? 今回は、結婚式の女性ゲストに相応しい基本の服装マナーと最近の結婚式の服装マナー事情に加え、 実際に選ばれている人気のお呼ばれドレスをご紹介します。

Index
目次

1、結婚式の女性ゲストの基本の服装マナー

結婚式の女性ゲストの基本の服装

結婚式・披露宴ではフォーマル感のある服装が求められます。 和装の場合は着物の中でも振袖や訪問着。洋装の場合はパーティードレスやワンピースを着用します。 新郎新婦が主役である結婚式では、女性ゲストは「花嫁よりも派手にならないこと」が基本ですが、お祝いの席に相応しい華やかさも必要。 まずは結婚式に避けた方が良い服装を頭に入れていきましょう。

結婚式の常識!これだけはやってはいけないNGな服装って?

結婚式の常識!これだけはやってはいけないNGな服装

結婚式に着て行く服装を決める前に、結婚式のお呼ばれで避けるべきNGな服装を頭に入れておきましょう。 まずは、お呼ばれゲストが最低限これだけは避けるべき服装をご紹介します。

結婚式に絶対に避けるべきNGな服装

  • 白い服装
    花嫁の色である「白」をゲストが着用するのはマナー違反。ただし、フラワーガールやリングガールなどを務める子供が白いドレスを着用するのはOKです。
  • 普段着に近いカジュアルすぎる服装
    普段着に近いカジュアルすぎる服装はNGです。フォーマルな場である結婚式にはフォーマルな服装で行くのが最低限のマナーです。
  • 全身真っ黒のコーディネート
    喪を連想させる「全身黒のコーディネート」はNG。黒のドレスを着てはいけないというわけではなく、黒のドレスを着る際には靴やバッグに差し色を加え華やかにみせる工夫をするとOKです。
  • 肌の露出が多い服装
    昼間の結婚式では特に肌が露出しすぎないように注意しましょう。ミニ丈のドレスや胸元や背中の露出は避けた方が良いでしょう。夕方以降に行われる二次会などでは肩や背中の肌見せは問題ありません。ただし、いずれにしてもセクシーすぎる服装は避けた方が無難です。
  • 殺生を連想させる毛皮やファー、アニマル柄
    毛皮やファー、動物柄などは殺生を連想させるので結婚式にはNGです。ドレスはもちろん、羽織ものやバッグなどの小物を含めて避けた方が良いでしょう。
  • 派手すぎるゴージャスな服装
    花嫁よりも目立つような派手な服装はマナー違反です。ゴージャスなロングドレスや装飾のついたドレスは避けましょう。

人によって受け取り方が違う!結婚式に避けたい服装

人によって受け取り方が違う!結婚式に避けたい服装

先に述べた服装は誰もが一度は耳にしたことがあると言っても過言ではないNGな服装の定番ですが、マナー上では上記の服装以外にも避けた方が良いと言われる服装が存在します。

ただし、最近ではカジュアルウエディングや海外スタイルの結婚式が増え、昔に比べ結婚式の服装マナーを気にする人は少なくなってきました。マナーというのは人によって線引きが異なるため、すべての結婚式でNGというわけではないものの、できれば避けたい服装をご紹介します。

結婚式にできれば避けたい服装

  • 淡いベージュや淡いイエローなど白っぽく見える服装
    白でなくとも、淡いベージュなどの色味は照明によって白っぽく見えることがあるので避けた方が良いでしょう。
  • 光沢のある素材や綿・麻などのカジュアルな素材
    昼間の結婚式では光沢のない生地を着用するのがマナーとされています。反対に、夕方以降の結婚式や二次会では光沢のある生地が適しています。綿や麻などのカジュアルな素材は普段着っぽく見えるので避けた方が良いでしょう。
  • プリントや柄が多い服装
    プリントや柄のドレスは二次会では問題ありませんが、カジュアルに見えてしまうことがあるため、結婚式では避けるのが無難です。刺繍やレース、ジャガードなどの高級感のある素材で柄が入っているものは差し支えありません。
  • ボディーラインが強調されるタイトな服装
    ボディーラインが強調される服装は避けた方が良いでしょう。タイトドレスを選ぶときは丈が長めのものや、体のラインが出すぎないものを選ぶと安心です。
  • 派手な色や個性的な服装
    派手な色や個性的すぎる服装も避けた方が無難です。例えば、真っ赤なドレスを着用したゲストがいる場合、「派手」と受け取る方と「華やか」と受け取る人に分かれます。人によって捉え方が違うことを念頭に置いて服装を決めることを心がけましょう。
  • 成人式の振袖
    未婚の女性の第一礼装として知られている振袖は、マナー上では当然問題ないものの、友人としてお呼ばれする場合には目立ちすぎる点で嫌がられる場合があります。受付やスピーチを任されている親しい友人や親族として参列する場合には問題ありませんが、友人として着用する場合には新郎新婦に相談してから着用を決めると良いでしょう。
  • ビジネススーツ・パンツスーツ
    フォーマルの定番であるスーツは、結婚式に着用してもマナー違反ではないものの、ワンピースより格が下になることから、格式高いホテルや式場での結婚式には避けるのが無難。ビジネススーツも華やかさに欠けることから避けた方が良いでしょう。スーツを着用するならワンピースタイプの華やかなスーツを選ぶと良いですよ。

結婚式の女性ゲストに相応しい服装は?

結婚式の女性ゲストに相応しい服装

結婚式に避けるべきNGな服装が分かったところで、次に結婚式に相応しい服装をご紹介します。 友人の結婚式から職場関係の結婚式まで、どんな結婚式にも対応する理想のお呼ばれドレスとはどんなものなのでしょうか? いまいちどんな服装が良いのかイメージできていない方もぜひ参考にしてみてください。

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスの着丈・袖丈

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスの着丈・袖丈

着丈は膝下〜足首丈くらいのものが理想。膝が見える丈でもミニ丈でなければマナー違反ではありませんが、座ったときに膝が見えない丈感が安心です。足首が隠れるほどのロング丈は格上になるので、親族の結婚式やブライズメイドなら◎。友人としてロングドレスを着用する場合は二次会なら問題ありません。
袖丈は半袖〜長袖が理想。袖のないドレスでも羽織りものを羽織れば問題ありませんが、一枚で着られる方がコーディネートがまとまりやすいのでおすすめです。

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスのカラー

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスのカラー

ピンクやライトブルー、イエローなどの華やかなカラーを選ぶのが理想。結婚式では白や全身黒のコーディネートは避けるべきですが、その他のカラーに特に決まりはありません。男性ゲストの衣装はダークカラーのスーツになるため、女性ゲストは華やかさがある明るいカラーを選ぶと喜ばれます。その際、原色などの目立ちすぎるカラーは避け、パステルカラーなどの柔らかい色を選ぶと◎。

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスのデザイン・シルエット

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスのデザイン・シルエット

デザインはシンプルなものを選ぶのが理想。首元は開き過ぎないものを、上品さを心がけると良いでしょう。明らかなバイカラーのドレスは分かれる(別れる)という意味に捉えられることがあるので避けた方が無難です。シルエットはAラインシルエットやフレアシルエット、タイトシルエットなら体のラインが出すぎないものを選びましょう。フレアシルエットはプリンセスラインなどの目立ちすぎるものは避けましょう。

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスの素材

結婚式の女性ゲストに相応しいドレスの素材

昼間の結婚式なら光沢のない生地を選ぶのが理想。レースやシフォンなどのフォーマル感のある素材なら季節を問わず通年着用することができます。夏の結婚式では清涼感のあるオーガンジー冬の結婚式ではベロアやベルベットなど冬ならではの素材もオススメです。夜の結婚式や二次会では逆に光沢のある素材が理想。サテン素材やラメ入りのレースなどが良いでしょう。

結婚式の靴やバッグ、アクセサリーのマナー

結婚式の靴やバッグ

結婚式では身に着ける靴やバッグ、アクセサリーなどの小物にも守るべきマナーがあります。 素敵なパーティードレスを着用していても小物にまで意識が行き届いていない人は意外と多いもの。 初めて小物を揃える際にはもちろん、手持ちのもので間に合わせる場合も、マナー違反になっていないか再度確認してみましょう。

靴・ストッキングのマナー

結婚式はフォーマルな場なので、ヒールの高さのあるパンプスを着用するのがマナー。つま先の開いたオープントゥパンプスやサンダル、ブーツ、運動靴などはマナー違反ですので避けましょう。

ヒールの高さは3cm以上でヒールの細いものを選びましょう。5〜7cmくらいの高さがあるものが理想です。ヒールが太いチャンキーヒールなどはカジュアルなため、ピンヒールを選ぶのが無難です。但し、子供連れの場合や妊婦さんなどはフラットシューズでも問題ありません。フラットシューズを選ぶときは、レースやエナメルなどのフォーマルな素材を選ぶと良いでしょう。

素材はシルクやサテン、エナメルなどの光沢のあるフォーマルな素材が適しています。昼間の結婚式には光沢のある素材は避けた方が良いとされていますが、靴や小物は光沢のある素材でもOKです。また、革素材は服装マナーではNGと言われますが、男性ゲストが革靴を着用することや、パンプスの多くが革素材なことから靴なら革素材でも問題ないとされることが多くなってきています。ただし、ヒョウ柄やワニ革など明らかな動物柄は避けた方が良いでしょう。

足元は肌色のストッキングを着用するのがマナーです。黒ストッキングは弔事のイメージがあるため、避けた方が良いでしょう。素足はフォーマルな場ではマナー違反となるので注意しましょう。その他、靴下やカラータイツ、柄タイツなども結婚式には相応しくありません。

パーティーバッグのマナー

結婚式の会場内では小ぶりのパーティーバッグひとつで入るのがマナーです。 パーティーバッグはクラッチバッグや小ぶりのハンドバッグなどが理想です。結婚式ではサテンやエナメル、ベルベットなどのフォーマルな素材を選びましょう。ビニール素材やトートバッグ、大きなバッグなどは避けた方が無難です。 また、靴と同様に革製品でも小ぶりのものであればマナー上は問題ありませんが、アニマル柄やワニ革などは避けましょう。 荷物が入りきらない場合は、サブバッグやメインのバッグをクロークに預け、最低限必要なものだけをパーティーバッグに入れるようにしましょう。

アクセサリーのマナー

結婚式のアクセサリーでは輝きの強いものや揺れるアクセサリーは避け、控えめを心がけましょう。フォーマルの定番であるパールはもちろん、シルバーやゴールドなどもOKです。カジュアルなアクセサリーも避けた方が無難です。 また、腕時計は時間を気にしているという印象を与えてしまうため、避けた方が良いでしょう。輝きの強いアクセサリーは夜の結婚式や二次会では逆に相応しいとされているので場によって使い分けると良いでしょう。

結婚式のヘアスタイルのマナー

結婚式のヘアスタイル

結婚式のお呼ばれにはヘアセットをしていくのがマナーです。 中でも清潔感のあるアップヘアが理想的。ハーフアップでもOKですが、アップヘアの方が格が上になりますので、格式高い結婚式ではアップヘアにまとめるのが良いでしょう。ロングヘアを下ろしたままのダウンスタイルは一般的にNGとされていますので注意しましょう。

ショートヘアの方は巻くだけでもOKですが、ノーセットはマナー上良くありません。 ヘアアクセサリーを使う場合は、派手なものや生花、光り輝くものはNGです。控えめを心がけましょう。

必ず美容室でヘアセットしないとダメ?

時間の都合や経済的な理由で美容院までヘアセットに行くことが難しい方もいますよね。美容室でヘアセットをしてもらうのが安心ですが、自分でヘアアレンジができる方はセルフでも構いません。ただし、きちんと感のある髪型を心がけるようにしましょう。

2、最近の結婚式はマナーにうるさくない?最新服装マナー事情

結婚式のパンツドレス

結婚式の基本の服装マナーを紹介しましたが、昔はNGとされていたことも最近の結婚式ではOKとされる場合があります。挙式のスタイルにおいても最近は人前式が多く選ばれるようになり、1.5次会やカジュアルウエディングを選ぶ人が多くなったことで、マナーを細かく気にする人も少なくなってきました。特に、コロナ禍の結婚式は縮小して行うことが増え、ゲストの服装も平服でと言われる場合も多いようです。ここでは最近の服装マナーについて詳しくご紹介します。

結婚式にパンツドレスはOK?

パンツはカジュアルだから結婚式には適さないと言われてきましたが、結論から言うと結婚式にパンツドレス・パンツスーツを着用してもOKです。レースやシフォンなど結婚式用の素材を選ぶと良いでしょう。ただし、ワンピースより格が下がるため、格式高い式場やホテルの結婚式では避けるのが無難。着るだけでこなれて見えるパンツドレスは最近人気のアイテムのひとつです。

袖は肩が隠れていればOK?

袖のないドレスは羽織ものを羽織るのが基本のマナーですが、露出が激しくなければ長袖でなくとも肩さえ隠れていればOKとなってきています。ストールを羽織っていても、披露宴の食事の際には外す方がほとんどなので念のために持っておく程度で良いでしょう。

柄やプリントのドレスもOK?

柄やプリントのドレスはカジュアルに見えるので結婚式にはNGとされてきましたが、派手過ぎなければ問題ありません。柄のドレスを選ぶときは素材がカジュアルになりすぎないものを選ぶと良いでしょう。

「平服で」と言われたときの服装は?

カジュアルウエディングや1.5次会などでは招待状に「平服でお越しください」と書かれている場合があります。 この時のゲストの服装はパーティードレスほど肩肘を張らない、よそ行きのワンピースをイメージすると良いでしょう。 平服=普段着ではありませんので、Tシャツにデニムなどのカジュアルな服装はNG。また、白や全身黒などの基本の服装マナーは同じですので注意しましょう。派手過ぎなければプリントのワンピースやスーツ、袖のないワンピースなどでもOKです。

3、購入前に知っておきたい!お呼ばれドレスを上手に活用するポイント

結婚式にお呼ばれする機会は人生において、そう多くはないもの。 パーティードレスを購入しても他に着る機会がなくてもったいない、結婚式で毎回同じドレスを着るのは抵抗があるという方も多いのではないでしょうか?そんな方は結婚式以外にも着回しできるドレスを選ぶのがおすすめ。結婚式以外にも使える、持っておいて損しないドレスをご紹介します。

シンプルなデザインのワンピースならランチやディナーに活躍

シンプルなデザインのワンピースなら、結婚式のお呼ばれ後はレストランでの食事やアフタヌーンティーなど普段よりちょっとオシャレしたい日に活躍◎。どんな場にも着回しが効くことを考えると丈は長めがベスト。袖がないドレスは結婚式ではストールを一枚用意しておくと安心です。

女っぽさ引き立つドレスは記念日デートに

  • ラッセルレースシフォンワンピース CF002BK
  • フロントボタンマーメイドワンピース CF008MTD

ボディーラインを引き立てるマーメイドシルエットがポイント。長めの丈感とラインを拾いすぎないシルエットで結婚式にも問題なく対応。ぐっと大人っぽく見えるワンピースはここぞというときの勝負服におすすめです。

それでも着ないかもと思うならレンタルもあり!

購入しても着る機会がない、お呼ばれには毎回違うドレスで行きたいという方にはドレスをレンタルするのもあり◎。花嫁のウエディングドレスはレンタルが主流ですが、パーティードレス専用のレンタルショップならリーズナブルな価格で必要な時だけドレスをレンタルする事ができます。店舗を構えているショップはレンタルでも高額になる場合が多いため、ネット上でドレスのレンタルができるレンタルドレスサイトがおすすめです。手持ちのドレスのサイズ感が合わなくなっていたときや、マタニティードレス、お宮参りの授乳口付きドレスなどもレンタルすることができます。平日12時までの注文なら最短翌日に届くので、急にドレスが必要になったときにも安心です。

レンタルドレスClassy

4、実際に選ばれている!結婚式に人気のお呼ばれドレスランキング

実際に結婚式にお呼ばれした人はどんなドレスを選んでいるのでしょうか?ここからは結婚式のお呼ばれに人気のドレスをランキング形式でご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

結婚式に人気のお呼ばれドレスランキング1位〜10位

20代前半の女性に圧倒的人気を誇るドレスが1位、2位にランクイン。 初めて結婚式にお呼ばれする人を中心に選ばれているドレスです。

このドレスを選んだ理由は?

20代前半女性 結婚式に出席するのは初めてで、羽織ものを持っていないので袖があって丈が長めのものを探していました。 今後のお呼ばれにも無難に使えそうなところと、やっぱり黒が着やすいかなと思ったので、このドレスを選びました。

20代後半女性 シアー感のある袖が可愛くて選びました!肩から透けているデザインはよく見ますが、下着問題が面倒で‥。このドレスは普段の下着でも大丈夫なところが気に入っています。歩いた時のスカートのレースも可愛いです。

値段が高めなので悩みましたが、デザインが一番好みでした。お呼ばれに着るドレスを一着も持っていないので、いくつになっても着られそうなこちらのドレスを選びました。結婚式が終わったら食事に着て行く予定です。 20代前半女性

背が低いのでなかなかサイズの合うドレスが無く色んなショップを回って探していました。このドレスはハイウエストになっているので身長が高く見えて大人っぽく着られます。身長152cmでSサイズでちょうどで、3cmのヒールで引きずらずに着られました。 20代前半女性

3位には光沢感のあるレースがポイントのタイトドレス。4位には女性らしさを演出できるシアー素材のロング丈ワンピースがランクイン。20代後半の女性には大人っぽく見えるタイトドレスが人気の傾向。

このドレスを選んだ理由は?

20代後半女性 大人っぽいドレスが着たかったのでタイトなシルエットのものを探していました。このドレスはレースがしっかりしているので高見えします!丈も短すぎず長すぎずでちょうど良い。袖があるところも◎。

20代後半女性 ふわっとしたスカートが苦手なので、膝丈で綺麗めに見えるのが気に入っています。ウエスト周りが結構フィットするので細く見えます。色味も暗めで落ち着いた感じが良いです。

被らない感じのドレスを探していて、刺繍のデザインが可愛くて決めました。丈が長いので上品で気に入っています。 20代前半女性

デザインで即決でした。幼児体系なので幼く見られがちで、タイトやフレアが似合わないのでスカートのストンとした感じが大人っぽく着られて良いです。 20代後半女性

  • エンブロイダリーフラワードレス C30047GR
  • パワーショルダークローシェドレス LM17920PK

5位、6位には袖ありのレースドレスがランクイン。個性的なデザインが20代後半〜30代前半の女性を中心に人気となりました。

このドレスを選んだ理由は?

30代前半女性 結婚式に行くのは2回目で、20代前半は黒を着て行ったのですが友達も黒が多かったので、今回は被らない色のドレスを探していました。落ち着いたグリーンで派手すぎず綺麗めに着られるのと、袖のデザインが気に入りました。

20代後半女性 スカートが短すぎず長すぎずでちょうど良い。結婚式が冬だったので色味もぴったりでした!透け感があるデザインなのでストールを羽織りました。

肩にボリュームがあるデザインが好きで、丈が長めなのとウエストが細く見えるところが気に入りました。生地がしっかりしているのでラインが気にならずに着られるところも◎。色も落ち着いたピンクで着やすかったです。 20代後半女性

人と被りたくなかったのでこのドレスを選びました。色は派手でもシンプルなデザインなので大人っぽく着られます。レースが丈夫なので引っ掛けても大丈夫そう。タイトすぎないところも良いです。 20代後半女性

  • サイドレースシフォンワンピース CF003NY
  • レーススリーブフレアワンピース LR1803WR

7位、8位はAラインの袖ありドレスがランクイン。着る場所を選ばない上品なデザインが人気のポイント。

このドレスを選んだ理由は?

20代前半女性 初めての結婚式なので、無難な黒と迷ったのですが顔映りがこちらの方がよかったので決めました。普段選ばない色だったのですが、周りから好評でした!気に入ったパーティーバッグがネイビーだったので合わせてコーディネートしました。

20代前半女性 長袖のドレスが良かったのと、スカートのレースのデザインが気に入りました。シアー感があるのが苦手ですが、袖も透けすぎずでちょうど良いです。中学と大学の友達の結婚式があるのでどちらも着て行きます!

シルエットが気に入りました。下半身がしっかりしているのがコンプレックスですが、このドレスはすっきり見えました。袖の部分がレースなのも可愛いです。 20代前半女性

上品な感じが好みでした。生地がさらっとしていて着やすいところも気に入っています。大学の卒業パーティーにも着て行こうかと思っています。 20代前半女性

  • フローレットシフォンフリルスリーブワンピース LM16153MU
  • シアーレースオフショルオールインワン LM1381161ANY

9位は控えめなプリントが品のある印象を与えてくれるワンピース。10位は女性らしさも併せ持ったパンツドレスがランクイン。

このドレスを選んだ理由は?

20代後半女性 あまり派手じゃなく大人しいワンピースを探していました。袖があるところと普段にも着られそうなデザインが決め手でした。ちょっと地味な感じですがヘアセットすると華やかになってちょうど良かったです。

20代後半女性 結婚式の後にも使えそうだったので選びました。後からプリントはマナーでダメかもと思ったのですが、行ってみたらノースリーブだったり派手な柄のドレスの子もいて、全然心配なかったです(笑)

パンツで探していて、袖があるものが良かったのとデザインが結婚式らしく可愛かったのでこちらにしました。肩が開いているので小顔に見える気がします!ワイドパンツなので動きやすく良かったです。 30代前半女性

足を見せるのが嫌なので、パンツドレスで探していました。ウエストに切り替えがあるので脚が長く見えます。周りからオシャレと褒めてもらえて嬉しかったです。 20代後半女性

ドレスを選ぶ決め手には、デザインの好みはもちろんですが、コンプレックスをカバーしてくれるドレスを選ぶ人が多いようでした。また、羽織ものがなくても着られる袖ありのドレスが圧倒的人気。パーティー用の羽織ものはあまり出番がないため、一枚で着られるのは小物を揃える手間がなく動きやすいところも良いですよね。

結婚式用のパーティードレスをもっと見る

5、お気に入りのドレスで思い出に残るお呼ばれコーデを

結婚式に着て行くドレスのイメージはできましたか? 結婚式の服装マナーを守りつつ、せっかくのドレスアップの機会、素敵だと思われたいですよね。 お気に入りのドレスを見つけて、ゲストにとっても思い出に残る一日を過ごして下さいね。