記念に残る子供のバースデー写真の撮り方
自宅や公園で簡単にSNS映えする写真を撮る方法
映える写真に必要なアイテムやスマホ撮影の注意点など
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
パーティードレス ワンピースならCLASSY AND FABULOUS
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス
結婚式や二次会におすすめの新作ドレス

CLASSY AND FABULOUS

Dress Shop

▶▶ スマートフォン版に切り替える ◀◀
classy and fabulous記事

【もっと記念に残る!子供のバースデー写真の撮り方】

記念に残したいけどお金はかけられない
簡単で素敵な子供の記念写真を撮るコツ

更新日▶

記念に残る子供のバースデー写真の撮り方

子どもの誕生日は、記念になるよう写真を撮る方は多いもの。

生後半年のハーフバースデーや1歳のお誕生日などはスタジオで衣装を借りて撮影する方もいますが、毎年となるとコストがかかります。
下の子が生まれるとスタジオに長時間連れて行くのも一苦労。

そんな時は自分で素敵なバースデー写真を撮影してみませんか?
おすすめのバースデー写真撮影のコツと、衣装のポイントについてご紹介します。

【目次】

1、綺麗に撮れる道具選びとポイント

スタジオでプロが撮影した写真はきれいだけど、自分で撮影するとどうしてもイマイチな仕上がりに…という方は、写真のカメラや道具にこだわってみましょう。

カメラの使い方や、家にあるアイテムで簡単に映える写真が撮影できますよ。

・スマホでも十分?撮影するときのポイントとは

子どもの写真を気軽に撮影できるのはやはりスマートフォンのカメラです。
スマホのカメラは今ではデジタルカメラと変わらない画質。
ちょっとしたポイントで十分綺麗な写真を撮ることができます。

スマホカメラで素敵な写真を撮影したいなら、まずは撮影前にレンズを拭いてキレイにしておきましょう。

写真を撮影する時、子どもの顔をアップにしたいと思いズーム機能を使うことがありますが、画質が落ちてしまう可能性があります。
なるべくズームは使わず、子どもに近づいて撮影するのがおすすめです。

スマホで撮影する時は片手で撮影する方が多いのですが、手ブレはなるべくしないほうが◎。
両手で構えたり、肘をテーブルについて固定するなどして手ブレを防止しましょう。

撮影した写真を簡単に加工できるのもスマホの魅力です。
無料で使えるアプリが多数出ていますから、色味などを変えてより素敵に仕上げてください。

・一眼レフでプロの仕上がりに

■仕上がりの良さは一眼レフ!

素敵な写真を撮りたい!と思うならやはり一眼レフを使うのがおすすめです。
スマホで撮影するのとは一味違う、ワンランク上の写真が撮影できます。

撮影した写真を現像しアルバム作りをしたり、引き伸ばして飾るならスマホカメラより解像度の良い一眼レフが活躍します。

子供がいると、お遊戯会や運動会などカメラを使うシーンは多いもの。
手ごろな値段になっているので、購入してみるのもよいでしょう。

2、写真の仕上がりがワンランク上になる!撮影のコツ

撮影する際には、ちょっとしたコツで素敵な写真を撮ることができます。
お家にあるもので簡単に映える写真を撮りましょう。

・自然光なら補正いらずで綺麗に撮れる

バースデーフォトを撮影するなら、昼間の明るい時間帯がおすすめです。
その中でも日差しの柔らかい午前中なら反射も少なく、雰囲気の良い写真が撮れます。

自然光だと肌の色味などをキレイに撮影することができ、後々加工する手間が省けます。
蛍光灯は物の色を正しく写すには向いていないため消して、自然光だけで撮影してみてください。
室内なら光源に向かって顔を向ける順光で撮影しましょう。

・プロも使ってる!テクニックを手軽に再現

■画用紙や白い布をレフ板代わりに!

室内で写真を撮影していると、顔が暗く写ってしまうことがあります。
プロが撮影する時はレフ板という白い板で光を当てますが、画用紙やコピー用紙をレフ板代わりに使うことで顔を明るく撮影することができます。

使い方は簡単!
白い画用紙を顔の下、写真に写らない位置に置き、顔が明るく見えるように置き場所を調節するだけ。

簡単ですからぜひ試してみてください。

3、自宅で撮影するなら壁を可愛く装飾

素敵なバースデー写真を撮影するなら、背景にはこだわりたいものです。

しかしスタジオと違い自宅は物が映り込み、どうしても生活感がでてしまいがち。
そんな時は壁の装飾にこだわるのがおすすめです。
家全体を片付けて写真映えするように飾り付けるのは大変ですが、壁1面だけであれば手軽にできます。

なるべく家具などがなく、シンプルな白い壁だけのスペースに、バルーンやフラワーペーパーなどを付けて飾り付けましょう。
特にバルーンはひとつ飾るだけで特別感が出せるため、SNSでも人気のアイテムです。

飾りつけするアイテムは100円均一で揃うため、手軽に挑戦できるのもうれしいですね。

・テーマカラーと白壁でさらに素敵に!

■テーマカラーを決めると統一感が出る!

壁の装飾をする時はテーマカラーを決めるとより素敵に仕上がります。
パステル系やベージュ&グリーンなど、好みの色を選んで装飾に使うアイテムの色味を統一します。
より完成度が高まって、素敵な仕上がりになりますよ。

■白壁をバッグにすればアイテムも笑顔も映える

壁一面を装飾する時間がない!という時は、家の中で白い壁だけを背景に出来る場所で撮影するのも◎。

背景がシンプルな分、子どもの笑顔やバースデーケーキなど注目して欲しいアイテムが映えます。
生活感も感じさせず、簡単に写真のクオリティを上げられるオススメテクニックです。

4、公園のグリーンを背景にするなら小物をプラス

スタジオ撮影とはひと味違う仕上がりになるのが、公園など屋外で撮影したバースデーフォト。

室内よりも天気の良い屋外の自然光で撮影すると、写真の色や明るさもきれいに仕上がります。

公園のグリーンだけでも素敵ですが、バースデー感を出したいなら小物を持ち込むのが◎。
例えば子どもの年の数字のオブジェを置いたり、ケーキのおもちゃを持たせたりするだけでよりお誕生日の記念になります。
木でできた数字のオブジェは100円均一でも購入できますよ。

・屋外では逆光を味方に

屋外では逆光で撮影すると可愛い表情が撮れる!

屋外での撮影で気を付けたいのが太陽の方向です。

写真を撮る時、逆光は避けなくてはと思っていませんか?
光の弱い室内ではよいのですが、屋外で太陽に顔を向けるとまぶしくて子どもは顔をしかめてしまいます。
また光が明るすぎるため、コントラストが強くなりすぎてしまうのです。

屋外での撮影は、斜め後ろに太陽がくる位置がおすすめ!

まぶしくないので子どもも自然によい表情になりますし、光もふんわりと当たって仕上がりがキレイになります。
ただし太陽を画角の中に入れてしまわないように注意しましょう。

■アップだけではなく引きの写真も撮影する

子どもの表情を写そうとついアップで撮影してしまうことがありますが、せっかく広い屋外で撮影するなら背景を活かし、引きの写真も撮影してみましょう。

子どもの全身が入るように撮影しておくと成長具合もよく分かるため、後から見返す楽しみもアップしますよ。

5、特別感が出せる!バースデーフォトのおすすめ衣装

せっかくのバースデーフォトですから、衣装にもこだわって撮影したいもの。

男の子ならスーツ、女の子ならドレスを着せてあげると、より特別感が出せます。

スーツやドレスはレンタルすることもできますが、ケーキを食べる様子や外の芝生などで撮影すると汚してしまう心配があります。
特に女の子はお姫様気分になれるドレスを着る楽しみもありますから、購入して何度も着せてあげるのもおすすめです。

手の届く価格でオシャレなキッズドレスを揃えている通販サイトで、お気に入りのものを探してみましょう。

真っ白なレースのドレスなら、プリンセス気分が盛り上がりますしSNS映えもアップすること間違いなしです。
柄のドレスは羽織物をカジュアルにすれば、普段のちょっとしたおでかけにも使えます。

子供のバースデーフォトにおすすめの真っ白なドレス

Classy and fabulous / Kids

・ママとお揃いドレスでSNS映えアップ!

せっかくのバースデーフォトですから、子どもだけでなくママやパパも一緒に撮影して記念に残しておくのも大切です。
子どもが生まれると、つい子どもだけの写真ばかり撮影してしまいがちですが、家族一緒の写真もよい思い出になります。

一緒に撮影するときはママと娘でドレスをお揃いにしてみるのも◎。
二人並んで撮影すると、より素敵な仕上がりになります。

SNS映えも簡単にアップしますから、ぜひお気に入りのお揃いドレスを探してみてください。

子供のバースデーフォトはママとお揃いドレスでインスタ映え

Classy and fabulous / Kids

6、素敵なバースデー写真はいつまでも記念に残したい

子どもはあっという間に成長してしまいます。

家事に、育児に、仕事に忙しくしていると、子どもの写真を撮影することも忘れがちになってしまうこともあります。
一年に一度の誕生日に撮影するバースデーフォトは、子どもの成長を残すことができるだけでなく、一年間子育てをがんばったママやパパにとってのごほうびになるのではないでしょうか?

せっかく撮影するのなら、背景や衣装にもこだわって、思い出に残る素敵なバースデーフォトを撮影してみてくださいね。